• 懐石料亭「桜田」最後の100日

    ”SAKURADA” Zen Chef

  • 主題/Logline

    突然の閉店を発表した、京都を代表する懐石料亭「桜田」の、最後100日間を追った12分のドキュメンタリー作品。

     

    A documentary film featuring the final 100 days of a renowned 2 Michelin starred kaiseki restaurant in Kyoto, “SAKURADA,” after the sudden announcement to close its doors.

    目的/Theme

    10代で禅寺に入り、修行をしたことがきっかけで料理の道に入った、料理人・桜田五十鈴氏。一代で有名料亭「桜田」を築き上げた同氏の「引退」を通して、京都の和食が追求する世界観や禅との繋がりを描く。


    Solitary Chef Isuzu Sakurada is featured. He awoke to the world of cooking during his training at the Zen temple in his teenage years. Remarkably, Chef Sakurada brought his restaurant to an esteemed one-of-a-kind status in just one generation. Through his “retirement,” the film describes the association between the world-view pursued by Japanese cuisine in Kyoto and the spirit of Zen.

    物語/Story

    京都の中心部、仏光寺の裏手にある狭い路地に、一軒の料亭がある。小さな座敷と4つのテーブル、10席足らずのカウンターしか無いこの店が、全国の料理人にその名を知られる京懐石の名店「桜田」だ。和食の道に入った若い料理人たちが、「だし」のスタンダードを知るために全国から訪れるという。

     

    Deep in a narrow alley behind Bukko Temple in central Kyoto stands a restaurant. It only has 4 tables on the floor and 10 seats at the counter. This is Sakurada, the renowned Kyo kaiseki restaurant, widely known among chefs all over Japan. It is said that Sakurada is the restaurant that young chefs head to in order to learn the standard of “Dashi (soup stock),” the heart of the Japanese cuisine.


    2013年には、ミシェランの2つ星にも選ばれ、海外からの予約も入るようになった。そんな中、この店のオーナーで創業以来包丁を握り続けている大将・桜田五十鈴氏が突然「店を閉める」と宣言する。驚く常連客や、狼狽するスタッフに向かって大将は、涼しい顔で「そろそろ潮時だから」と言い、粛々と閉店準備を進めていく。

     

    Although the restaurant had an ever-booming business after it became a 2 starred Michelin restaurant in 2015, the Owner and Chef Isuzu Sakurada, “the Master,” suddenly announced that he would close the restaurant. He calmly said to the surprise of his patrons and panic-stricken staff, “I am not young anymore and think it is the time” and moved on to close the restaurant.

     

    開店当初から桜田を見守ってきた、茶道・武者小路千家の家元、第14代千宗守は、こうした大将の姿を「惜しまれつつ去る事が出来る人間は、この世にわずかしか居ない」と賞賛し、「うらやましい」と感嘆を漏らした。

     

    The 14th head master of the Mushanokoji Senke tea school, Soshu Sen, has frequented the restaurant since it opened. He praised Chef Sakurada, “He never became a business person. He has always been a man with a cooking knife who strives to achieve mastery of culinary art.” The tea master also said, “There are only a handful of people who can finish strong. I envy him.”

     

  • Screening

    上映情報

    第43回シアトル国際映画祭_ノミネート
    The Seattle International Film Festival

    (1) �MONDAY, MAY 29, 2017
    SIFF Cinema Uptown_17:00
     

    (2) WEDNESDAY, MAY 31, 2017
    AMC Pacific Place_16:45


    (3) FRIDAY, JUNE 2, 2017
    Kirkland Performance Center _16:45

     

    11月06日(日)_18時 終了

    京都・花園_35名/満員御礼(妙心寺退蔵院)

    11月14日(月)_19時半 終了

    東京・神田_12名/満員御礼(ツカパー101)
    監督によるトーク&上映会
    特別ゲストの来場予定
    @¥3,000-(ワンドリンク&おつまみつき)

    11月27日(日)_12時〜 締め切り  → リンク

    東京・銀座_先着35名(ペスカデリア銀座店)牡蠣専門店での、豪華なランチ+1ドリンク付きの上映会
    監督によるトーク&上映会
    @¥4,500-(ランチ代含む)

    11月28日(月)_18時〜 締め切り → リンク

    東京・丸の内_先着50名(新丸の内ビル・musmus)トーク&上映会とディナー付き交流会の二部制
    ゲスト/妙心寺退蔵院・松山大耕 副住職、桜田五十鈴氏
    上映会:18〜20時 @¥3800/ 一品付き
    懇親会:20〜22時 @¥6000/ディナー付き(希望者のみ、参加は当日お伝え下さい)

    12月09日(月)_20時〜 募集中 → リンク 【映像制作者向け上映会】

    東京・代々木_先着20名(Vookスペース東京)トーク&上映会
    映像制作者向けの上映会となります。上映後に、撮影ノウハウや制作過程について監督がお話しします。
     ドキュメンタリー制作者や映像に関わる方、目指す方の課題共有を目的とした上映会となります。

    1月_企画中

    東京・経堂_先着20名程度(Paxコワーキング)トーク&上映会
    ご要望があれば、開催を企画したいと考えています。
    問い合わせフォームやFacebookでご連絡頂けますと幸いです。

    地方上映会_随時!

    ご要望があれば、地方での開催も企画したいと思います。
    問い合わせフォームやFacebookでご連絡頂けますと幸いです。

  • Trailer

    予告編

  • Profile

    岸田浩和

    Hirokazu Kishida

    ドキュメンタリー監督

    Director / Cinematographer

    1975年京都生まれ。ミャンマー留学中に映像制作に出会う。光学メーカー勤務、Web媒体の取材記者を経て2011年より映像制作をスタートした。独学ではじめた短編ドキュメンタリー制作により、2012年発表の「Cans of Hope」で京都国際インディース映画祭グランプリほか、アメリカ・英国・アジアなど5カ国8カ所の映画祭で入賞・入選。2015年7月に株式会社ドキュメンタリー4を設立し、ドキュメンタリー手法を特徴とした、Webメディア向けの映像ルポや、広告・プロモーション向けのコマーシャル映像制作を行っている。

     

    企画・撮影から編集までを手がける“ビデオグラファー”を集めた定期イベント「Videographer’s Night」を共同主催。2017年3月より早稲田大学ジャーナリズム研究所・招聘研究員。大阪国際メディア図書館、関西学院大学では、ノン・ナレーションのドキュメンタリー映像制作について講師を務める。

     

     

    Hirokazu Kishida was born in Kyoto, Japan in 1975. He was first exposed to the world of video production while studying in Myanmar. After working at an optical manufacturer he became a journalist for a web-based media. In 2011, Hirokazu started a career in video production.

     

    He learned to create short documentary films on his own. In 2012, his film “Cans of Hope” received the Grand Prix in the 6th Kyoto International Indies Film Festival. The film also won prizes in eight other film festivals over five countries including the U.S.A., the United Kingdom and Asia.In July 2015 he set up Documentary 4, Inc., working on video reportage for web-based media and commercial video production for advertising and promotion.Hirokazu is a co-organizer of the periodic event “Videographer’s Night.” The event targets the young videographers who plan, film and edit the film productions on their own. He also teaches videographer style production at the Osaka International Media Library and at Kansei Gakuin University.

     

    Phone : +81-(0)90-9112-1778
    E-mail: kishidahirokazu@gmail.com

    Website: www.kishidahirokazu.com